駒澤大学在学生の父母による駒澤大学教育後援会

会長あいさつ

  • HOME »
  • 会長あいさつ

令和元(2019)年度 駒澤大学教育後援会 会長就任の御挨拶

president2019「学生の応援団」~教育後援会~
令和元年度活動テーマは『進』

元号が「平成」から「令和」へとうつりかわった令和元年5月11日の定期総会にて、教育後援会会長に就任いたしました田中弥生でございます。当教育後援会は昭和34年8月23日に父母の会として発足し、今年は60周年を迎えます。記念すべき年の会長の大任を務めさせていただくことに重責を感じております。
はじめに、1年生のご父母・保護者の皆様、ご子息、ご息女のご入学おめでとうございます。教育後援会として心よりお祝い申し上げます。
 

教育後援会は駒澤大学、大学院に在籍されている学生のご父母・保護者の約15,000人の方々を会員とする「学生支援」を主活動とする団体です。そのうち約100人の方々が委員になられて、運営は東京本部(執行部・監査・総務部・厚生部・文化部)と5つの支部(鳥取県・三重県・熊本県・福岡県・長野県)で各々協力し合って活動しています。

大学と協業、連携を図り、「学生のため」の様々な支援(給付型奨学金・100円朝食・駅伝を代表とする学生の大会、発表会の応援・大学からの要望に基づく各種備品の寄付等)を実施し、近年では駒澤大学130周年記念棟「種月館」の大食堂を中心とする建設費の寄付を実施いたしました。大食堂は「kitchen駒膳」〈教育後援会ホール〉と命名され、日々多くの学生達が食事だけでなく交流を深める場所としても利用されています。また、会員相互の親睦と福祉に寄与する活動(永平寺、總持寺での一泊参禅研修会・新年賀詞交歓会等)を実施しており、多くの会員の方々に参加していただいております。今年は昨年度より協議検討、準備していた60周年記念事業も実施いたします。教育後援会の活動はホームページでもご覧いただけます。そして、駒澤会(卒業生父母の会)、同窓会(卒業生の会)とも引き続き協力関係を深めて参ります。   

教育後援会発足60周年という節目の年を迎えるにあたり、諸先輩方の数々の活動に敬意を表すとともに、その思いを継承し、今後の活動にさらなる進化・発展の願いを込めて今年度の活動テーマを「進」といたしました。今までの培ってきたことを糧にして、一歩一歩、わずかながらでも歩みを進めて皆様と手と手を取り合って、積極的に活動に取り組んでいきたいと思います。活動に関しましてのご意見などお気軽にお声をおかけください。今後も皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

駒澤大学教育後援会 会長 田中 弥生

ご要望・お問い合せ

駒澤大学 教育後援会
(事務局:学生部厚生課内)
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-23-1
事務取扱 平日9:00~17:00
TEL:03-3418-9060
FAX:03-3418-8491

PAGETOP