駒澤大学在学生の父母による駒澤大学教育後援会

学生への支援活動

  • HOME »
  • 学生への支援活動

自然災害被災者の皆様へ

教育後援会では、災害救助法の適用地域に居住する駒澤大学の学生の保証人等主たる家計支持者(以下「保証人等」という)が、自然災害により被害を受けた場合に、災害の被害状況により御見舞い金を支給しています。

「地震」・「津波」・「噴火」・「台風」・「豪雨」により、「保証人等の死亡」又は、居住家屋の「全壊」・「半壊」・「埋没」・「焼失」・「流失」・「床上、床下浸水」の被災をされた場合、学生部厚生課内『教育後援会事務局』までご相談ください。

奨学金制度について

学生生活を送る上で、仕送りが少ない、あるいは家庭からの援助が期待出来ないという問題は学生にとって、経済的にも精神的にも大きな不安の材料です。このように、大学生活の基盤ともなる経済的な問題は、学業に専念出来るか、有意義な学生生活を送れるかの鍵になるといっても過言ではありません。
教育後援会では、これらの問題を解決するための直接的な経済援助として、「家計急変学生への一時金支給」「教育後援会奨学金(家計・留学生・成績)」の2つの制度を設けています。
ここでは後援会の2つの制度の他、学内奨学金学外奨学金 についてもご案内します。併せてご覧ください。

教育後援会奨学金制度

家計急変学生への一時金給付

家計急変学生への一時金支給は、教育後援会が奨学事業の一環として1985年より開設した制度です。 主たる家計支持者の死亡等により、修学が困難になった学生のために学費または生活費の一部を援助します。

駒澤大学教育後援会奨学金(家計に関するもの)

教育後援会から給付される奨学金で、人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難な学生に対する援助として奨学金が給付されます。

駒澤大学教育後援会奨学金(私費留学生に関するもの)

※平成18年5月新設
教育後援会から給付される奨学金で、人物・学業ともに優れ、私費により留学している学生に対する援助として奨学金が給付されます。

駒澤大学教育後援会奨学金(成績優秀者に対するもの)

※平成18年5月新設
教育後援会から給付される奨学金で、人物・学業ともに優れているものに対して奨学金が給付されます。

学内奨学金

駒澤大学で実施している奨学金は次の種類があります。

駒澤大学百周年記念奨学金

駒澤大学開校百周年(昭和57年)を記念に設けられた奨学金です。
優れた学生で経済的理由により修学が困難な学生に対する援助として1年間給付されます。

駒澤大学駒澤会奨学金

駒澤大学駒澤会からの寄付金による奨学金で学業成績が優秀な学生に奨学資金を給付して勉学を奨励するものです。

駒澤大学同窓会教育研究活動奨学金

駒澤大学同窓会から給付され、奨学金で人物・学業ともに優れ、経済的困窮度の高い者に経済的側面から支援し、有用な人材を育成することを目的として給付されます。

駒澤大学新人の英知奨学金

一般入試の出願時に、奨学金申込書提出者の中から新人の英知奨学金を給付し勉学の奨励や人材の育成を図るものです。

駒澤大学教育・提携ローン利子補給奨学金

駒澤大学が金融機関と特別に提携した「駒澤大学教育ローン」を利用して学費等を納めた場合に、経済的援助を目的として利子の一部が給付されます。

学外奨学金

学外奨学金には、国の育英事業を行う日本学生支援機構奨学金をはじめ、地方公共団体・民間団体奨学金・曹洞宗関係奨学金などがあります。いずれも学生部が受付窓口となっています。

日本学生支援機構奨学金

【第一種】(無利子・平成21年度の新入生)
 【第二種】(有利子)
(返還) 貸与された奨学金は卒業後所定の月賦額によって返還することになっています。

【定期外採用】
家計を支えている者が失職・破産・会社の倒産・病気・死亡又は、火災・風水害等による家計急変のため緊急に奨学金貸与の必要が生じた場合には、 緊急採用(第一種)・応急採用(第二種) の制度を適用することができます。

地方公共団体奨学金

各自治体にお問い合わせ下さい。本学に募集依頼のあった奨学金は、随時奨学金掲示板及び大学ホームページでお知らせします。

民間団体奨学金

本学に募集依頼のあった奨学金は、随時奨学金掲示板及び大学ホームページでお知らせします。

曹洞宗奨学金(給付)

曹洞宗育英会奨学金(貸与)

ご要望・お問い合せ

駒澤大学 教育後援会
(事務局:学生部厚生課内)
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL:03-3418-9060
PAGETOP