駒澤大学在学生の父母による駒澤大学教育後援会

校歌・応援歌 徽章・襟章

  • HOME »
  • 校歌・応援歌 徽章・襟章

駒澤大学校歌

作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰

一.
新人立てり 立てり 竹は波うつ
晴れたり この空 この我が駒澤
漲(みなぎ)る緑は光と渦巻く
旃檀林(せんだんりん) 旃檀林
時代は正(ただ)しく飛躍し来れり
捉へよ輝くこの現実
我等が校旗は雲と起れり
二 .
新人勢(きよ)へ 勢へ 風は波うつ
おこれり この意気 この我が青春
張り満つ若さは希望と羽ばたく
旃檀林 旃檀林
時代は正(まさ)しく飛躍し来れり
守持せよ輝くこの道程
我等が校旗は雲と動けり
三.
新人期(き)せよ 期せよ 声は波うつ
澄みたり この学 この我が精神
信誠敬愛 自ら閃(ひらめ)く
旃檀林 旃檀林
時代は鋭く飛躍し来れり
切れ切れ輝くこの尖端(せんたん)
我等が校旗は雲と光れり
 

校歌を聴く [mp3形式/2.5MB]

 

駒澤大学第一応援歌

作詞:吉川静夫 作曲:服部正

一.
青春花と咲き匂ふ
勝利の王座 ゆるぎなく
栄冠(えいこう) 永久(とわ)に我にあり
駒大 駒大 駒大健児
燃えよファイト 轟けエール
駒大 駒大 駒大健児
二.
生命の限り咲き競ふ
勝利の記録 また新た
伝統 更に創(つく)るべし
駒大 駒大 駒大健児
燃えよファイト 轟けエール
駒大 駒大 駒大健児
 

第一応援歌を聴く [mp3形式/1.6MB]

 

駒澤大学第二応援歌

作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰

一.
轟(とどろ)く雲の翅(つばさ)
翻(ひるが)える我奪わん
王者の我眉 漲(みなぎ)る青春
この意気をこの熱を
採れよ栄冠(えいかん)
煌々(こうこう)と飛ぶ天馬
凛々(りんりん)と張るこの胸を見よ
見よや 見よや
駒澤 駒澤 駒澤フレー
二 .
轟く雲の翅 翻る我奪わん
巍々(きき)たる我眉 輝く尖端
この秋をこの風を
採れよ栄冠
颯爽(さっそう)と飛ぶ 凱歌
凛々と鳴るこの腕を見よ
見よや 見よや
駒澤 駒澤 駒澤フレー
 

第二応援歌を聴く [mp3形式/1.3MB]

 

徽章・襟章

左:徽 章

左:徽 章

右:襟 章

右:襟 章

駒澤大学の徽章は、極めて大きい心で、すべての学を蔽い尽くしているというさまを表している。

駒澤大学が、曹洞宗大学林を前身として、今日にいたっていることはいうまでもないが、日本曹洞宗の開祖・道元禅師は、その著書の中で、 喜心・老心・大心の三心について語っている。

このうち《喜心》とは、自らが、この世に生をうけたことを喜ぶと共 に、他を喜ばせようと願い続ける心であり、《老心》とは、父母が子を おもうように、生きとし生けるものへの慈しみの心である。そして《大心》とは、大山の如く高く、大海の如く広く、いずれか一 方だけに偏り、また党するのでなく、常に、こだわりのない公平な心である。

もちろん、道元禅師は仏法を行ずるものとして、この三心を仏・法・僧の三宝を頂戴する道に通じさせているが、同時に、学園における人間 関係の形成には、絶対不可欠な心である。

そして、襟章の三角の頂点に、それぞれ、この三心を配したとも理解できるであろうし、この三心を憶念する象徴ともなるだろう。

カテゴリー

ご要望・お問い合せ

駒澤大学 教育後援会
(事務局:学生部厚生課内)
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL:03-3418-9060
  • facebook
PAGETOP